賃貸での上手な出し方

賃貸住宅で気をつけたい

賃貸住宅でのうまいゴミの出し方

賃貸住宅で生活をしている時に気になるのは、ゴミ出しを行う時です。一戸建てと違ってエレベーターを使ってゴミ置き場まで行くことがあり、途中で人が乗ってくると、漂うゴミのニオイのことが気になってしまう場合があるものです。こういった点が気になるという人は、階段を使ってゴミ置き場まで持っていくと良いものですが、高層階だと大変です。ですから、階段を使った移動が苦にならない階(2階や3階など)を選んで生活するというのも1つの手です。また、24時間ゴミ出し可能な賃貸住宅もありますから、こういった物件に住んで、ゴミを出しに行く時間を調整するのも1つの方法です。

ゴミ出しのルールと場所の徹底

賃貸物件などで問題になることの一つにゴミの出し方があります。ある程度の人数や世帯が一緒に暮らす場所ですから、ゴミのルール化は重要です。各自治体のルールに則ることが基本ですが、些細な勘違いや仕分けの明確化が重要なポイントになります。引っ越してくる方がいるたび、または定期的にルールの確認と出す場所の明確化が大切です。賃貸物件の場合はオーナーさんや、管理会社さんが率先してこの活動を支援する必要があります。ゴミ出しが問題化することなく、住民の方々が気持ちよく生活し、置き場を綺麗に維持するためにも心のあるひと手間が必要になります。

↑PAGE TOP